2019年01月20日

Tượng heo vàng giá hàng trăm triệu đồng được người Sài Gòn "săn lùng" để chơi Tết Kỷ Hợi 2019黄金の豚像は、サイゴンの人々が2019年テト祭りを楽しむために「狩猟」。数億ドンの費用がかかる。

Tượng heo vàng giá hàng trăm triệu đồng được người Sài Gòn "săn lùng" để chơi Tết Kỷ Hợi 2019
黄金の豚像は、サイゴンの人々が2019年テト祭りを楽しむために「狩猟」。数億ドンの費用がかかる。

Mặc dù có giá lên đến hàng trăm triệu đồng nhưng tượng heo vàng vẫn được nhiều người Sài Gòn tìm mua về trưng hoặc làm quà biếu dịp Tết Kỷ Hợi 2019 với hy vọng mang lại may mắn, tài lộc đầy nhà.
金豚の彫像は、幸運をもたらすことを願い、2019年旧正月の贈り物としする。数億VNDするが、多くのサイゴンの人々によって購入されている。

Bắt đầu từ tháng Chạp (thág 12 Âm lịch), không khí mua bán cho dịp Tết nhộn nhịp hơn bao giờ hết, nhiều cửa hàng, trung tâm thương mại,… đua nhau nhập hàng hoá về bán.
12月(12月の太陰暦)から始まって、活気に満ちたテトのために購入された。多くの店、貿易センター、など商品を入荷する。

Heo là linh vật của năm Kỷ Hợi vì thế những đồ vật có hình heo đều được rất nhiều người ưa chuộng, lựa chọn để chơi Tết.
豚は2019年のマスコットなので、豚の形をしたオブジェクトは多くの人に人気があり、テトを楽しむことに選ぶ。

Đặc biệt, trong dịp Tết Kỷ Hợi 2019, nhiều tiệm vàng ở Sài Gòn đã bán nhiều loại tượng heo mạ vàng rất độc đáo để kích cầu "dân chơi". Những tượng heo mạ vàng này có giá từ vài triệu đến hàng trăm triệu đồng nhưng vẫn "cháy hàng".
特に、2019年の旧正月の間に、サイゴンの多くの金のお店は、「遊び」を刺激するために多くのユニークな金メッキの豚の像を売っています。
これらの金色の豚の彫像は数百万から数億がかかるがそれでも「売り切れ」である。
posted by noraneko9999 at 14:51| Comment(0) | ベトナムニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

サヨナラホームスチール

2012年(第94回大会)7月12日の神奈川大会1回戦の日大藤沢と武相の試合。
2-2の同点で迎えた9回裏一死満塁の場面で起きた。
日大藤沢の打者は、ボールカウント2ボール2ストライクから、三塁に飛球を打ち上げた。
三塁塁審はインフィールドフライを宣告し、内野手が正規に捕球した。
この直後、武相の投手及び内野手は三塁走者の様子を確認せずにマウンドに集まった。
これを見た三塁走者は、三塁にリタッチを行ったのち、本塁へ走った。
球審は三塁走者の本塁到達に対して、セーフのジェスチャーを行った。
インプレーなのでタイムは認められない。
武相の選手及び監督は両手を「T」の形にしてタイムをかけていたと猛抗議をしたが認められず、日大藤沢のサヨナラ勝ちとなった。
記録は三塁走者の盗塁(ホームスチール)。
posted by noraneko9999 at 14:46| Comment(0) | 面白ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サヨナラ インフィールドフライ

1991年6月5日
横浜大洋ホエールズ対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)2-2の同点で迎えた9回裏一死満塁の場面。
大洋の清水義之が本塁付近の三塁線上に飛球を打ち上げる。
球審の谷博は「インフィールドフライ・イフ・フェア」の宣告。
打球は広島の達川光男捕手の頭上に上がったが達川は直接捕球せず、地面でバウンドした打球をフェア地域内で捕球して本塁を踏んで一塁に送球した。
達川はこれで打者走者と三塁走者を併殺したつもりだったらしい。
球審がインフィールドフライを宣告した時点で打者の清水はアウトになっているので塁上の走者はフォースの状態を解かれて進塁義務はない。
なので達川が本塁に触球しても三塁走者はフォースアウトにはならない。
三塁走者の山崎賢一もこのルールを知らかったらしく、達川が飛球を落とすのを見るなり本塁に向かって走り出した。
山崎に進塁義務はないので、塁から離れて触球されるとアウトになる。また本塁付近に立っていた打者の清水も達川がワンバウンド捕球をしたのを見て一塁に走り出した。
達川が本塁を踏んだのを見て自分がアウトになったと思った山崎は、本塁手前で走るのを一旦止めたが、惰性で歩いて本塁を踏んだ。
「このときホームイン」と審判が認めた。
アウトになったのは打者走者のみでまだ二死だったため、球審は山崎が本塁に触れたことによる得点を認め試合終了を宣告。大洋のサヨナラ勝ちとなる。
この試合の経験者、広島の緒方と達川、石井琢朗が
2015年5月4日の広島対巨人戦で広島の監督コーチとして再来。過去の経験を生かして今度は広島が勝つ。

2015年5月4日の広島対巨人戦。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島。
2-2の同点で迎えた9回裏一死満塁の場面。広島の打者の小窪哲也は本塁周辺のフェア地域上に飛球を打ち上げた。
この飛球に対して二塁塁審の嶋田哲也、三塁塁審の丹波幸一がインフィールドフライを宣告した。
捕球を試みた巨人の村田修一三塁手とフアン・フランシスコ一塁手は連携ミスのため双方とも捕球できず、打球はフェア地域内に落ちた。この時点で球審の福家英登はフェア宣告を行った。
フランシスコは打球をフェア地域内で拾ってすぐに本塁を踏み、一塁へ送球しようとした。その直後、三塁走者の野間峻祥が本塁を駆け抜けた。

このプレイ後、広島の石井琢朗三塁ベースコーチや緒方孝市監督は福家球審の許に駆け寄り、「塁審がインフィールドフライの宣告をした」とプレイと判定の確認を行った。
そこへこの試合の責任審判であった丹波三塁塁審も駆け寄り自身がインフィールドフライの宣告をしたと福家に告げたため、福家は野間の得点を認め本塁に向かってセーフを宣告し、広島のサヨナラ勝ちとなった。

この試合を夜の番組で解説していたのが、経験者の横浜大洋の斎藤明夫だったのがなんとも笑える。
posted by noraneko9999 at 14:35| Comment(0) | 面白ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする